<2020年度>白石教室フォトギャラリー

<2020.9.19>

作品に見せ場をつくろう・作品の見せ場を意識していけてみよう!

 いけた作品を観ると、たいてい『ここぞ!』と思えるような素敵なところがあります。それは作者がいけている中で偶然に生まれることもありますが、意図してそのような場面を作り出すこともあります。花材をよく見て、その植物の美しさや特長、魅力を自分なりに理解して表現していきます。例え技術はまだまだでも、伝えたいこと、表現したいことはあります。今回は、そんな自分の作品の見せ場を作り出すということをあえて意識していけてみました。

 それぞれが頭の中でいっぱい考えたこと、表現できたかな? 

  花材/旭葉蘭(アサヒハラン) 鶏頭(ケイトウ) スターチス  

<2020.8.22>

器を考える①  夏をドラマティックに! 「ガラス器にいける」

 今年のテーマのひとつは『器について考える』です。想像してみてください。うだるような夏の暑さの日、氷の浮いた水が透明感のあるガラス器に入っているのを。それだけで爽やかで涼し気な気分となるでしょう。

 いけばなにとって花材と器はお互いに無くてはならない存在です。ですから、器の果たす役割はとても重要なのです。軽やかさや優しさだけではなく、様々な演出を花器が担うこともあります。今回は花留にも工夫を凝らしました。そして、花材は夏草のイメージです。花型にこだわらず自由にいけてもらいました。いけ終えた後は、それぞれが自分で選んだセンターピースを敷いて作品の完成です。

 みんな、とても素敵に仕上がりました。

  花材①/パニカム トルコ桔梗 千日紅(センニチコウ)  

  花材②/パニカム 女郎花(オミナエシ)トルコ桔梗 千日紅(センニチコウ)

  補 材/紫蘭(シラン)の葉    

<2020.7.25>

自然のままの花の姿をいかす・自然のままの美しさを引き出す

 もともと植物はそこにあるだけで美しいものですが、いけばなの手法によりさらに魅力的に見えるように手を加えていきます。

 しかし、今回のテーマは、技術や知識を駆使するのではなく、特にその植物が本来持っている姿に着目していけてみました。とにかく花の姿を四方からよく見て、さらにまた見て、素敵な表情を引き出します。

 この日、初めて参加してくれたIchikaちゃん、いけばなの体験はいかがでしたか? 背丈のあるグラジオラスの花を上手にいけることができましたね。ぜひ、これからも楽しく参加してください。

  花材①/カラー アレカヤシ ダリア 

  花材②/カラー スカビオサ ヒメヒマワリ

  花材③/グラジオラス カラー レザーファン

<2020.6.20>

まずは楽しくいけてみよう!  盛花『直立型』

 2020年度の「いけばなこども教室」がようやく始まりました。とは言っても、まだまだ油断のできない状況です。これからもできる限りの対策を講じながら感染拡大防止に努め、教室を運営していきたいと思います。どうぞご家庭の判断でご参加ください。みなさまにはご不便をおかけすることがあるかもしれませんが、今後ともよろしくお願いいたします。 

 さて、今年度はお部屋をお借りしている白石東地区センターが保全改修工事のため、7月から11月まで全館休館いたします。そのため次回の教室から11月まで白樺会館集会所をお借りすることとなりました。 参加の場合は、お間違えの無いようご注意願います。

  花材①/リアトリス ガーベラ レザーファン 

  花材②/アリウム・ギガンジウム ガーベラ レザーファン

↓以下のアイコンをクリックするとそれぞれの年度のフォトギャラリーが見られます。