<2019年度>東月寒教室フォトギャラリー

<2019.5.18>

季節をいける(1)「春から夏への移ろい」

 この季節ならでは花材を使ってのお稽古です。とは言っても、何でも手に入るというわけではありませんから少し苦労しましたがお花屋さんの協力で取り合わせることができました。

 カンパニュラ(和名は風鈴草)と紅花(べにばな)は、春から夏にかけて咲く花です。ガーベラやスプレーカーネーションと合わせてならぶかたちをお稽古しました。上級者は、芍薬(しゃくやく)または向日葵(ひまわり)を主役に盛花 傾斜型のお稽古です。

  花材①/紅花(ベニバナ) スプレーカーネーション 笹葉ルスカス

  花材②/ガーベラ カンパニュラ ピットスポルム

  花材③/ギョリュウバイ 芍薬(シャクヤク)

  花材④/ギョリュウバイ 向日葵(ヒマワリ) ドラセナ

<2019.4.27>

まずは楽しくいけてみよう! いけばなの基本

 こうしてまた、年を重ねて教室を続けることができる喜びは、とても大きなものです。たった月に一度のお稽古ですが、いけばなを通じて感じられるそれぞれの成長を目の当たりにして、頼もしくもあり嬉しくもありなのです。この人たちがこれからの日本を担っていくのだなとしみじみ感じてしまいます。

 と、いうわけで令和の年もみんなで協力しながら頑張っていきましょう!

↓以下のアイコンをクリックするとそれぞれの年度のフォトギャラリーが見られます。