<2018年度>白石教室フォトギャラリー

<2018.7.21>

暑い夏を涼しく演出する!

 真夏のいけばなは、やはり軽やかさを強調するためガラス器を使用しました。出来上がりをイメージしながら涼やかな表情になるように、花材の分量にも気をつけていけてもらいました。

 花材/サンダーソニア ミニバラ(スプレーバラ) キリフキソウ アイビー

<2018.6.30>

「それぞれが主人公になる花々」

 花壇の花々が咲き誇る季節です。花々が楽しく寄り添うようなあるいはワイワイと遊んでいるような、そんなイメージでいけてもらいました。どこかで互いに手を差し伸べるような仕草も感じられる「ならぶかたち」です。

花材/デルフィニウム・マリンブルー スプレーカーネーション アルケミラモリス ゴッドセフィアナ

   トルコキキョウ スターチス レザーファン

<2018.5.26>

「かたむけるかたち」をあなたに

 花の顔の表情に着目して、心を込めていけました。ゴッドセフィアナはあしらいに使うことが多いのですが、この日は緩やかな曲線と長さを活かして主材にしました。

花材/ゴッドセフィアナ ヒマワリ または スナップドラゴン ヒペリカム

   ゴッドセフィアナ カーネーション ヒペリカム 

<2018.4.28>

まずは楽しくいけてみよう! 「ひらくかたち」

 新年度の始まりは「ひらくかたち」のお稽古からです。この花型はバランスがとりやすいのかみんなが好きで得意な花型です。現代の生活空間にとてもマッチします。特にバラの顔の表情を意識して丁寧にいけてみることにしました。

↓以下のアイコンをクリックするとそれぞれの年度のフォトギャラリーが見られます。